動物性栄養素が多いドッグフード

画像の説明

 動物性栄養素と植物性栄養素のどっちが多く含まれているかは人間の食事でも考慮されることが多いですが、ドッグフードについても同様といえます。

動物性栄養素の中でもタンパク質が大事

犬にとって特に大切な栄養素はタンパク質で、人間の必要量の四倍以上が必要とされています。
タンパク質は犬の被毛や筋肉骨格系だけはなく、体の代謝に必要な酵素にも多く含まれており、健康に暮らすには欠かすことのできない栄養素です。
タンパク質は各種アミノ酸から成り立っていますが、犬に適したバランスで各種アミノ酸を含んでおり体内で利用しやすいのは動物性タンパク質とされています。

選ぶ際は、原材料が明瞭なものを

ドッグフードの原材料表示は、使用されている原材料の重量が重い順で表記されていますので、最初のほうに書かれている材料がより重要になります。
肉類、ミートミールなど、何の肉なのか不明瞭なものは、安全性が低いだけでなく他の製品を作るときに出た副産物で栄養素が乏しい肉である可能性が高いです。
例えば、チキンミール・フェザーミールというと、正肉とならないくず部分の他にくちばしや足、血粉、羽毛など食用できない部分が含まれているものが多いです。
これらは良質な栄養素は期待できないほか、高温で処理するからと加工前の衛生管理がずさんなこともあり腐敗したものが使用されている危険性も高いのです。
チキン、ラム、ニシンやサーモンなど、具体的な名称が書かれているものを選びましょう。

植物性栄養素も忘れずに

犬の祖先とされるオオカミなどは狩りで倒した草食動物の内臓からまず食し、胃腸に含まれている半消化状態の植物も一緒に摂取しています。
半消化された植物は、肉食獣では非常に消化しづらい植物の細胞壁が破壊された状態で、食物繊維やミネラル分を多く残していますので効率の良い栄養源です。
ですから、犬の食事を考えるときに犬の食性が肉食に近いからと、肉ばかりあげていては必要な栄養は摂取できないのです。
野菜や果物などビタミン・ミネラル類が原材料から自然な形で摂取できるように配合されたドッグフードのほうがより好ましいでしょう。

 動物性栄養素が多く含まれていると聞くと、肥満などを心配される方も多いかと思いますが、運動と組み合わせて適量を与えることが愛犬の一番の健康への近道です。
ドッグフード選びの際はぜひ留意してみてください。