カナダ産のドッグフー

画像の説明

 輸入ドッグフードの中でも、カナダからは高品質なものが多く輸入されています。
カナダでは人口のおよそ四分の一が犬を一頭以上飼っており、愛犬を大切な家族の一員として考えるのはカナダの人々も同じです。
健康のためより良いドッグフードを求める声に応じる形で様々なメーカーがドッグフードを生産しています。
カナダ産のドッグフードにはどのような特徴があるのでしょうか。

 カナダ政府は動物の健康保障法でペットフードへの特定危険部位(SRMs)の混入を禁止しています。
これはBSE、いわゆる狂牛病の拡散を防ぐため牛の脳脊髄に関連する部位と廃棄された遺体からとった肉を使用してはならないというものです。
また、ペットフードメーカーとペットフードの原材料を供給する業者から構成されるカナダペットフード協会(PFAC)という業界団体があり、メンバーのドッグフードメーカーはアメリカ飼料検査官協会(AAFCO)の基準を順守してドッグフードを製造しています。
つまり、ペットフードに対して特別厳しい規制があるわけではないので、カナダ産だから安心、と単純には言い切れないのです。
しかし、その中から世界的に評価を受けているドッグフードが誕生しているのは、たゆまぬ企業努力のほか、農業・畜産資源が豊富なカナダの地の利もあるでしょう。

 カナダで高品質なドッグフードを生産しやすい理由として、カナダ国内でほとんどの原材料が調達でき、その原材料が高品質である、ということが挙げられます。
特に高品質で新鮮な動物性の原材料(肉、魚)が安価で手に入る、ということはドッグフード作りで最も大事なことです。
肉、魚、そして野菜をたくさん配合できるということは、穀物の比率を下げる、あるいは穀物不使用(グレイン・フリー)のドッグフードを生産することが可能になります。
穀物でかさ増しし、合成された栄養素を添加してつくられたドッグフードよりも、犬が本来捕食して食べる肉や魚を中心に野菜や果物ですべての栄養素を補うことができるように作られたドッグフードのほうが健康に良いというのは言うまでもありません。

 カナダ産のドッグフードは、その品質の高さから日本だけでなく世界各国へ輸出されています。
肉や魚が多く使われているかは、原材料表示の先頭に動物性の材料(チキン、ラム、サーモンなど)が表示してあるかでチェックできますので、ドッグフード選びの際はその点も押さえておいてくださいね。