穀物不使用のドッグフードとは

画像の説明

 より良いドッグフードを求める声に応えて、日々新しい商品が発売されているドッグフード市場ですが、近年「穀物不使用」あるいは「グレイン・フリー」を謳うドッグフードが続々と登場しているのを見たことがある方も多いかと思います。
穀物不使用のドッグフードとは、他と何が違い、どこが優れているのでしょうか。

アレルギーに悩まされる犬とオーナーのために

 ドライのドッグフードでは特に、一昔前まではトウモロコシなどの穀物を主原料にしたものが主流でした。
これは、コストと加工のしやすさが大きなメリットとしてあったためなのですが、アレルギーをはじめとする健康問題を抱える犬も増えていきました。
ドッグフードを何度変えても解決しない愛犬のアレルギーに悩まされた人たちは、犬が自然の状態で食べる食事を再現することでアレルギーを改善できるのではないかと考えるようになりました。

犬の本来の食性を考えたドッグフード

 犬は先祖とされているオオカミと同様、自ら草食動物を狩りで捕まえて食べる動物です。
犬が自然界で生きていくとしたら、捕食した動物の肉と、その胃や腸の中にある未消化の植物、そして地面に落ちている果物を食べることになります。
また、犬の腸は短くできており、時間をかけて穀物を消化することができないので自ら好んで食べることはありません。
こういった点に着目して開発されたのが穀物不使用のドッグフードです。

アレルギー持ちの犬だけでなく、全ての犬におすすめ

 もともとはアレルギーに悩む犬のために開発された穀物不使用のドッグフードですが、品質が高いものが多いため、アレルギー症状のない犬たちにもお勧めです。
犬の食性を考えて動物性の原材料が大半を占める配合になっているため、良質な動物性タンパク質をたくさん摂取することができます。
活動期の犬はもちろん、パピーからシニアまでの全てのライフステージにおいて、良質なたんぱく質は必要不可欠なのです。
また、動物性の原材料に加えて野菜、果物、ハーブなどを多種類配合することで全ての必要な栄養素が材料から補えるように考えられたドッグフードもあります。

 犬の食性に沿った穀物不使用のドッグフードは、そのコンセプトが世界中で受け入れられ、多くの愛犬家が穀物を使用した従来のドッグフードから切り替え始めているようです。
愛犬の健康を考えてドッグフードを選ぶときの選択肢の一つとして検討されてはいかがでしょうか。