魚介系のドッグフード

画像の説明

ドッグフードを選ぶ際、メインで使われている材料を重視されている方も多いでしょう。
ドッグフードと言えば肉が入っているもの、と思われるかもしれませんが魚介系の材料を使用したドッグフードもあります。
肉を使用したドッグフードとは何が違うのでしょうか。

アレルゲンになりにくい

 一昔前はチキン、ビーフばかりでしたがアレルギーに対応するような形でラム、ダックが登場し、ポーク、ターキー、ヴェニソンなど様々な食材が登場しています。
それでもアレルギー症状が出てしまう犬のためにと開発されたのが魚をメイン素材としたドッグフードです。
すでにいろいろな食材でアレルギーが出てしまっている犬でも、魚素材のドッグフードではアレルギーが出ない可能性が高いです。
ただし、魚介系のドッグフードであっても長時間同じものだけを食べ続けるとアレルギーを発症する場合があります。
なるべく、異なる原材料やメーカーのドッグフードをローテーションして与えるようにしましょう。
 

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が豊富

 DHA・EPAはアレルギーを持った犬だけでなく、すべての犬が摂取しておきたい栄養素です。
皮膚と被毛を健康に保つ役割を果たすほか、血流を改善することで心臓への負担を減らす、新陳代謝を上げるなど様々な効果が期待されます。
DHA・EPAは白身魚に多く含まれており、サプリメントなども多くが白身魚のフィッシュオイルから作られています。
お肉がメインのドッグフードでもDHA・EPAは添加しているものが多いですが、魚介系のドッグフードなら原料由来の自然な形で摂取できますね。

 ただし、魚介系ドッグフードといってもフィッシュパウダー、フィッシュミールなど、内容が不明瞭なもの、栄養素やオイルが抜けてしまっているものではせっかく魚介系のドッグフードを選ぶ意味がありません。
サーモン、ニシン、タラなど何が入っているのか明確なもの、かつ原材料表示の最初に魚介系の材料が表示されているものを選ぶようにしましょう。

 ドッグフードといえばお肉、と思っている方は少し敬遠してしまうかもしれませんが、お魚に含まれるたんぱく質は良質で消化効率が良いと言われています。
魚特有の少し生臭い匂いが好きで喜んで食べる、という犬もいますので、魚介系のドッグフードも、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。